ZARD/坂井泉水 心に響くことば展

コロナ禍の影響で開催日が延期になっていました「ZARD/坂井泉水 心に響くことば展」にいってきました。開催場所は町田市にある「町田市民文学館ことばらんど」です。

ZARDの追悼イベントとしては昨年5月にビルボードジャパン主催の「ZARD 30th Anniversary Premium Symphonic Concert」が東京文化会館で予定されていましたが、コロナ禍のため一年延期となり、今年に入ってもその影響は解消できず最終的に中止となってしまいましたので、久しぶりのイベント開催でした。(ビルボードジャパン主催の当初計画のイベントは中止となりましたが、コロナ対策を万全にした上で別途別の形で開催されるそうです。

公式ホームページ:ZARD/坂井泉水 心に響くことば展

埼玉からは町田駅までは、新宿を経由して小田急電鉄を使えば一時間半ぐらいで到着です。町田駅から町田市民文学館までは歩いて15分ぐらいですが、町田駅周辺は全くいった事がなかったのであちこち散歩しながら歩きましたが、いろんなショップや飲食店が並んでおり賑やかな雰囲気でした。

到着!(入館するためには事前にローソンで時間指定のチケットを購入しておく必要があります。各時間帯で上限人数が決まっているようですので、ゆっくり見ることができるのは嬉しいです( ^)o(^ ))

平日ではありましたがこの時間帯でも10名弱程度の訪問者がおり、館内には数々の直筆歌詞(ノート)やレコーディング資料が展示されておりました。中でも直筆歌詞は多数展示されており目を見張るものがありました。

ZARDファンの方ならよくご存じだと思いますが、ご本人が「私は言葉を、詞を大切にしてきました。音楽でそれが伝わればいいなと思います」と仰っていましたが、直筆歌詞ノートには何度も何度も書き直した跡があり、熟考の末に完成した詞なんだと改めて感動いたしました。

日本では古来より言霊(言葉に宿るとされる霊的な力)が信じられておりますが、このように何度も何度も書き直しされている歌詞ノートをみると、この詩の中にすごいパワーが入っているんではないかと思う程です。時代が変わっても色褪せない言葉/詞の魅力に改めて感動した一日となりました( ^^) _U~~

当日限定販売となっていたクリアファイルを購入しました。使うことはないのですが部屋に飾っています。

(余談)別の機会に〝ひとり言〟の方で取り上げてみたいと考えていますが、普段自分が話している言葉、使っている言葉、口癖になっている言葉には十分気を付けたいと思いました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次